ミニマリストが心がけている、10個の習慣

こんにちわ、屋根裏に住むミニマリストです。

人は習慣の生き物と言われますが、本当でしょうか?

ある研究によると人間の行動は45% が習慣に基づいているそうです。

習慣は少ない労力でくり返すことができるもの。そして、何かを変える源になるものだと思います。

ということで、今回はミニマリストが心がけている習慣をまとめてみました。

習慣(しゅうかん、英: habit)とは、. 日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。 (心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。

Wikipedia

ミニマリストが心がけている習慣

買い置きをしない

歯磨き粉、石鹸、ごみ袋などは買い置きをしないようにしています。

安い時にたくさん買えば余分なお金を使わなくて済みますが、その分収納を考えなくてはならないので、「お店に置かせておいてもらう。」というイメージで運用しています。

服を使い切る

大切にしているのが「服は消耗品」という意識です。なので、少ない数を着まわわすように心がけています。

例えば、6着をまんべんなく劣化させるのではなく、3着をとことん使い倒して次に新しい3着を買うイメージです。

そうすると定期的に新しい服の期間が訪れるので気持ちもいいです。

服の制服化

服の制服化はミニマリストの鉄板ですよね。

ぼくの場合はグレーのTシャツを制服としています。ヘインズのビーフィーTも有名ですが、白は汚れが目立つのでグレーに落ち着きました。

寝る時も同じTシャツなので考える時間がなくなってとてもよいです。

ミニマリストにおすすめのTシャツ!24時間、常に最高の服を着る。

2019年6月8日

モノの場所を決める

モノはすぐ使える場所に置いておきます。

置き場所が決まらない=今必要なものではないので、処分を考えます。必要なものであれば、自然と置き場が決まるはずですよね。

収納ボックスは買わない

収納ボックスは危険だと考えています。

余計な収納があると、それを「埋めたくなる」のが人の心理だと思うんですよね。収納がないと、物欲を抑えることができます。

1つ買ったら1つ捨てる

同じ機能のものは複数持ちません。

愛用したものを手放すのはおしいですが、同じ役割のものが複数あると使う頻度が減ってしまいます。

モノを生かすためには仕方ないと、割り切っています。

手間がかかるモノは捨てる

管理に手間がかかるモノも危険です。

例えば仕事以外のレザーシューズなど。夏には履かず、カビが生えやすいので捨てました。

レザーのものを買うときは財布や小銭入れなど、毎日使うものだけに限定するとよいと思います。

モノの出口を考える

モノを買うときには出口を考えるようにしています。

「この商品のリセールバリューはいくらだろう?」そんなふうに考えて買うと、失敗した時に迷わず売ることができます。

惰性で使い続けると価値が下がるのでジャッジは早めに済ませます。

お腹がすいたら食べる

人間は空腹を感じると長寿遺伝子が働くのだとか。

その影響もあって、お腹がすいていなければ食べないようにしています。でも一日一食は無理ですね。(笑)

実行している人はすごいな、と思います。

歩く

「よし、運動するぞ!」と頑張っていた時期もあったのですが、なるべく歩いて移動することで十分運動になるな、と思いました。

時間の節約になっていいな、と思います。

まとめ

以上、ミニマリストが心がけている習慣でした。

最後にまとめるとこうです。

  • 買い置きをしない
  • 服を使い切る
  • 服の制服化
  • モノの場所を決める
  • 収納ボックスは買わない
  • 一つ買ったら一つ捨てる
  • 手間がかかるモノは捨てる
  • モノの出口を考える
  • お腹がすいたら食べる
  • 歩く

個人的なマイルールですが、何かの参考になればうれしいです。

習慣化に関する書籍

ミニマリストの佐々木さんも「習慣化」の効果を強くおすすめされています。とても参考になるのでよろしければ読んでみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です