「ミニマリストは有利!」FIRE(セミリタイア)に必要な資産を考える。

最近では「FIRE」が一つのテーマになっていて、情報収集と実践をしています。ミニマリストの方、もしくはミニマリストを目指している方はきっとこういうテーマには関心があるのではないでしょうか?

ということで、多くの人が憧れるであろうFIREについて、必要となる資産額やミニマリストの優位性などをまとめてみました。

「FIRE」「経済的自立」「セミリタイア」などに関心がある方の参考になれば幸いです。

FIREとは?

まずはじめに、FIREという言葉について解説しておきたいと思います。日本でもよく聞かれるようになった言葉ですが、どういう意味なのでしょう?

FIREというのは、「Financial Independence Retire Earlyの頭文字をとった言葉になります。つまり、 「経済的に自立した、早期退職」ということです。

短くすると、セミリタイアと思っておけばいいでしょうね。

FIREに必要な資産

続いて、FIRE(セミリタイア)に必要となる資産について。

どのくらいの資産があればお金の心配をせず、暮らしていくことができるのでしょうか?

一般的にリタイアするために必要な金額は年間支出の25倍といわれています。(総資産を投資し、年4%のリターンで生活すると考える)

年間支出別の必要な金額がこちらです。

年間支出経済的自立に必要な金額
800万円2億円
400万円1億円
200万円5000万円

上記の表をみると、「やはり、多くの資産が必要なんだな」という印象を受ける一方で、「年間支出」によってかなり開きがあるのがわかります。

仮に年間支出が800万円だとすると2億円必要。一方で年間支出が200万円の場合はなんと5000万円になります。

仮に、5000万円の年4%のリターンである200万で生活することができれば、元本を減らすことなく、生活していけるということです。

非常に単純な計算ですが、気の遠くなる話であった「セミリタイア」がほんの少し現実味を帯びはじめると思いませんか?

「200万円で生活なんてできないよ?」という意見もあると思いますが、一人暮らしのミニマリストであれば十分実現可能な支出であると思います。

ミニマリストの優位性

上記で説明したとおり、「FIRE」に対するミニマリストの優位性は「支出を抑えられる」ということですが、「資産を増やす」という点ではさらに有利です。

例として、自動車を200万円で購入した場合と、その200万円を投資した場合を比較してみましょう。

自動車を200万円で購入した場合、通常価値は年々下がっていきますが、その200万円を全額投資にまわし、年間4%のリターンを得れば一年後の資産は208万円に増加します。

さらに、利益を全額再投資した場合は10年後にはなんと 296万円にもなるのです。

10年後の車の価値を高めに見積もって「50万円」だとしても、その差は246万円にもなるわけです。はじめは200万円の差だった支出がどんどん開いていく。

生活のいたるところでこういった「差」が生まれていくことを考えると、FIRE(セミリタイア)を目指すうえで、ミニマリストは圧倒的に有利であると言えます。

ミニマリストを続けながら、FIREを目指す。

理想とする生活の先に、多くの人が憧れる夢があるだけに、なかなかいい目標になるのではないかと思います。

FIREを目指すならこの本がおすすめ

FIRE(セミリタイア)を目指していくために、参考になる本も紹介したいと思います。

どちらの本も読んでみましたが、お金に対する意識を変えるきっかけにもなり、実際に実現されている人の具体的な手法を学べるという点で有益な本だと思います。

FIRE 最強の早期リタイア術

こちらは、FIREの第一人者と呼ばれている「クリスティー・シェン」さんの本です。本記事でも紹介した「4%ルール」や、「旅行をしたほうがお金が貯まる」など、とても楽しくFIREの仕組みを学ぶことができます。超おすすめ!

FIRE

NYタイムズ・ワシントンポスト紙でも紹介された、「グラント・サバティエ」さんによる本です。FIREの導入〜出口戦略までが詳しく説明されています。具体的な投資先であるETFについても言及されているのでとても参考になりました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です