【仕事の選び方】好きなことを仕事にしてはダメ?


「仕事の選び方」って難しいですよね。一度働きはじめると気軽にやめるわけにはいかないし・・きっと多くの人が悩んでいるのではないでしょうか?

ということで、仕事の選び方について、ひとつのシンプルな答えを示します。

好きなことを仕事に?

仕事選びで思いつくことといえばこちらです。

「好きなことを仕事にしよう!」

こんなコピーはとても前向きで印象がいいですが、自分の「好きなこと」を仕事にしても満足度には結びつかないそうなんです。

ペンシルベニア大学の研究では以下のような結果がでています。

  • 好きなことを職業にしても満足度に結びつかない。
  • 得意なことを職業にすると満足度が高くなる。 

つまり自分が「これならできそうだな」とか、「これをしていると疲れないな」と思うようなことを仕事にすると満足度があがるんだそうです。

おもしろいですよね。

満足できる仕事の条件

人はこんな仕事があると満足できるそうです。

  • 終わりが見える
  • スキルの向上を感じる
  • ほどほどの難易度の仕事

ここで重要なのは、全ての項目に共通しているのが「達成可能である」ということです。

「得意なこと」≒「達成しやすいこと」ですから「得意なことを仕事にするとよい」という話には合理性があることがわかります。

得意なことをみつける

「自分の得意なことがわからない」という方もいるかもしれません。その場合はまわりの人に聞いてみましょう。

自分の友人を思い浮かべてみてください。「ああ、こいつはこんなことが得意だったな・・」とすぐに考えつきませんか?

案外まわりの人はその人の得意なことを知っているものなのです。

まとめ

面接では必ずといっていいほど「あなたの強みは?」と聞かれると思いますが、それだけ意味のあることだったんですね。

ちなみに、サラリーマンは雇われの身ですから、仕事を自分で決めることはできません。

なので仕事選びについて悩んだ時、現時点で自分の「一番得意なこと」を仕事にするというのが、ひとつの答えになると思います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です