【新登場】Fire TV Stick (第3世代)は(第2世代)と何が違うのか?

AmazonのFire TV Stick (第3世代)が新登場しました。

以前のモデルFire TV Stick (第2世代)の発売が2016年9月なので、4年ぶりの新製品になります。では、以前のFire TV Stick (第2世代)と何が違うのか?まとめてみました。

Fire TV Stick とは?

まずはFire TV Stickについてですが、TVのHDMI入力に接続することにより簡単にインターネット映像が楽しめる機器です。

Amazon Prime Video・Netflix・YouTubeなどをTVの大画面で気軽に楽しめるのでかなり重宝します。(ぼくは、第1世代・第2世代ともに使用しています。)

Fire TV Stick (第3世代)の特徴

つづいて、Fire TV Stick (第3世代)の特徴は以下のとおりです。

  • 50%高速
  • 50%低電力
  • HDR対応
  • Dolby Atmos対応
  • ボリュームボタンの追加

順にみていきましょう。

50%高速

CPU&GPUの変更により、前モデルのFire TV Stick (第2世代)と比べると50%高速になっています。アプリの起動もサクサクになるので時短になります。

50%低電力

電力も50%低電力になりました。Fire TV Stick はもともと省電力ですが、さらなる省エネが期待できます。

HDR対応

映像面の進化は、HDRに対応したことです。HDR(High Dynamic Range)映像というのは、明るさの幅を広げる企画のことです。つまり、明るいところと暗いところがよりはっきりと見えるということ。

全ての映像が対応しているわけではないですが、Amazon Prime VideoやNetflix、YouTubeなどでも「HDR」対応の映像が提供されています。

Dolby Atmos対応

音響面の進化はDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応したことです。Dolby Atmosというのは米ドルビーが映画館向けに開発した音声収録の規格で、対応しているアンプやスピーカーなどの機器が必要になりますが、より臨場感のある音を楽しむことができます。

ボリュームボタンの追加

地味なところですが、ボリュームボタンも追加されています。実際に使用してみるとわかりますが、Fire TV Stick だけで音量まで調整できるのは絶対に便利です。これは、第2世代にはない大きな魅力だといえるでしょう。

Fire TV Stick (第3世代)のスペック

Fire TV Stick (第3世代)のスペックも紹介しておきます。第2世代と比較できるようにまとめました。

Fire TV Stick 第3世代と第2世代の比較表
Fire TV Stick(第3世代)Fire TV Stick(第2世代)
サイズ86×30×13mm85.9×30×12.6mm
重さ32.0g32.0g
CPUクアッドコア 1.7GHzクアッドコア 1.3GHz
ストレージ8GB8GB
HDRHDR
HDR10
HDR10+
HLG
DolbyDolby Atmos
Dolby Digital
Dolby Digital+
サラウンド対応
Dolby Audio
5.1chサラウンド対応

まとめ

AmazonのFire TV Stick (第3世代)について、Fire TV Stic(第2世代)からの進化をもういちどまとめるとこちらです。

  • 50%高速
  • 50%低電力
  • HDR対応
  • Dolby Atmos対応
  • ボリュームボタンの追加

最大の進化としてはやはり「50%高速化」「ボリュームボタンの追加」でしょう。一度導入すると毎日使うと思うので、速度は最重要ですし、TVのリモコンがなくてもボリューム調整ができるのは絶対に便利です。

Amazonでは現在予約受付中で、発送は9月30日になる予定です。

初めてFire TV Stickを購入する人、Fire TV Stickを愛用している人の参考になればうれしいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です