【書評】仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい 金川顕教

「仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい」の書評です。

ポイントをまとめてみたので参考にしてみてください。原著を読むとより理解が深まると思いますのでぜひ読んでみてくださいね。

金川顕教さんとは?

三重県で生まれ、立命館を卒業されています。職歴などは以下のとおり。

  • トーマツ勤務
  • 経営コンサルタント
  • ビジネスプロデューサー
  • 投資家
  • 事業家
  • 作家

人生の9割はアウトプットで決まる

「毎日本を1冊読んでいます」→「だからなに?」ただの読書はゼロプット。

アウトプットしてはじめて意味がある。

人は20分後には半分のことを忘れてしまう。

つまりインプットだけしていても意味がないので、アウトプットすると(行動とむすびつくと)記憶に残る。

最小限のインプット→アウトプット→足りない部分をインプットが正解。

「何を知っているか」より「どう伝えるか」が勝負を分ける

ビジネスの目的は「稼ぐこと」。

つまり、知識を伝え、受け手側の行動を変えてこそ意味がある。そのためには、心を動かすエモーショナルな伝え方が重要。

「伝える」スキル=「稼げる」スキル。

「何を知っているか」より「誰を知っているか」が人生を変える

名刺を持っているだけではなんの意味もない。会ってはじめて意味がある。

「見た目」は人間にとって最大のアウトプット

人は見た目が9割。

「見た目」は人にとって最大のアウトプットである。

見た目がよければ好感をもたれ、話を聞いてもらえ、その後の話も進みやすい。

ビジネスパーソンは身だしなみと、艶を意識することが重要。

まとめ

本書にはアウトプットファーストの理由が体系的にまとめられています。

「アウトプットが大事」というのは多くの人が意識していると思いますが、「なぜ大事なのか?」「どうすればよいのか?」まで考えられる人は少ないと思います。

行動をかえる「きっかけ」には最適だと思いました。ぜひ読んでみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です