【書評】移動力 〜人生は移動距離で決まる!〜 長倉 顕太

著者の長倉さんは、自身が 東京→ハワイ→サンフランシスコ と移動し成功を収めてきた人です。本書ではこんな主張をされています。

  • 人は環境の生き物
  • 移動すれば環境が変わる
  • 移動ファースト

つまり、移動する→環境が変わる→人生が変わるので、移動を最優先に考える「移動ファースト」が大事であるということです。

もともとぼくは「人生は “どこにいるか” でだいたい決まる」と考えているので、すごく共感できました。

本著の内容ではありませんが、こんな面白い事実もあります。

人類はアフリカ大陸で誕生し、数十万年をかけて世界中に広まったが、これほど広く地球上に拡散移動した動物はいない。

人の長距離移動能力は突出しており、哺乳類最強なんだとか。

もうひとつこんな事実もあります。

東西に長いユーラシア大陸では農作物が劇的に伝搬した。一方、南北に長いアメリカ大陸ではほとんど伝搬しなかった。

つまり、気候があまり変わらない環境(ユーラシア大陸)にあった農作物は伝搬することができたが、気候が激しく変わる環境(アメリカ大陸)では難しかったわけです。

また、自身のことを振り返ってみるとこんなことに気づきます。

引越しで環境が変わった時、新しい人に出会い、価値観や考え方が大きく変わった。

そう考えると、人はそもそも移動する前提に設計されていて、移動→環境→人生 という流れの変化はすごく自然な話であると思えます。

本書を読むと、「移動力」が人生を豊かに変えるということがとてもすっきりと理解することができます。

とてもいい本だと思いました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です