これで断捨離できる!ミニマリストが実践している「モノを捨てるルール」について

rules

こんにちわ、屋根裏に住むミニマリストです。

ぼくはモノを捨て、屋根裏にひっこんでミニマリストになりました。

車、服、靴、本・・色々なものを処分してきたわけですが、実際に成功したルールを紹介したいと思います。

ミニマリストの「モノを捨てるルール」

モノを捨てるルールですが、3つほどあります。

  • 今、必要なければ捨てる
  • もう一度買いたいと思えなければ捨てる
  • 一年使わなかったら捨てる

順に紹介していきますね。

今、必要なければ捨てる

ぼくはこれでほとんどのモノを断捨離できました。

モノを手にとったら、「今の自分に必要なのか?」と問いかけてみてください。答えはすぐにでると思いますので、わりと簡単に捨てれるようになります。

「今の自分に必要ないもの」は使用頻度が著しく低いものです。

そういったものを保管しているうちに、年をとり、ライフスタイルが変わってしまうかもしれません。モノを考えるときは「今」に注目するのがいちばんだと思います。

もう一度買いたいと思えなければ捨てる

2つ目に、「もう一度買うか?」という問いかけです。これも効果抜群です。

モノを買った時は「かっこいいな。」とか、「これがあったら快適だな。」と思うわけですが、しばらくたつと価値を感じなくなるものってあると思います。

そんなモノに「この問いかけ」はばっちりハマります。

特に服には効果的だと思うので試してみてください。

一年使わなかったら捨てる

3つ目は、「一年保管して捨てる」ということです。

上記の2つの問いかけでも捨てられなかったもの(高価なものが多いと思います。)は、一年保管してみるのがおすすめです。

日本には四季があるので少し時間はかかるとおもいますが、一年使わなかったものって、一生使わないと思うんです。

なので、最後の手段として「一年保管してみる」というのも手だとおもいます。

まとめ

以上、ミニマリストが実践している3つのルールでした。

もう一度まとめるとこちらです。

  • 今、必要なければ捨てる
  • もう一度買いたいと思えなければ捨てる
  • 一年使わなかったら捨てる

「モノを捨てたい!」そう本気で考えているかたはぜひ実践してみてください。きっと色々なモノを手放せると思いますよ。

ではまた。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です