人生って引き算が大事だよね。【24時間を効率的に使う】

こんにちわ、@minimumです。

タイトルどおり、人生=引き算が大事という話になります。

どっちも経験したので言えるのですが、一生懸命足し算するより、引き算したほうが相対的に幸せになれると思います。

24時間は平等だよね。

ぼくは成功者の本やブログ、動画をみるのが一つの趣味なのですが、よく目にする言葉がこちらです。

24時間は平等だよね。

「いまさら感」が半端ないのですが、
こう考えると一歩まえに進めると思うんです。

24時間は平等 → じゃあ効率化しよう。

足し算は消耗する

人生は足し算ばかりだと消耗しますね。

ぼくも昔、たくさんモノを買って、ランチも数千円使って・・朝まで遊ぶ・・みたいな生活をしていたことがあります。

比較的 “パリピ”な会社 だったので、金曜の夜は帰らず、奥さんにしこたま怒られていました。

楽しかったです。
でもなぜだか心は消耗していました。

ある日、「これって幸せなのかな?」と考えてしまったんですよね。

若いころは「あれもほしい、あれもしたい」となってしまいがちですが、大人になったら引き算を意識するのが大切だと思います。

引き算はこうする

具体例を考えてみたいと思います。

まず、引き算したいことはこちらです。

  • モノ
  • 毎日のルーティン
  • 支出

順に考えていきましょう。

モノを減らす

まずはモノを減らしましょう。

理由はこちらです。

  • モノを買うには時間とお金が必要
  • モノには収納場所が必要
  • モノにはメンテナンスが必要
  • モノを売る・捨てるのも大変

さらに、洋服がたくさんあるとコーディネイトで時間と認知資源が奪われます。

やはり、モノは人生を削りますよ。

ルーティンを減らす

つづいて、毎日のルーティンを減らします。

お金でいえば固定費みたいなものですから一番効率的です。

  1. 買い物
  2. 掃除
  3. 皿洗い

①レジに並ぶ時間が無駄→まとめて買います。

②お掃除ロボットを導入します。(ブラーバ人気ですね。)

③皿洗いは機械にまかせましょう。

これだけでも毎日ちょっとした時間ができると思います。

支出を減らす

最後にお金です。

サラリーマンは時間をお金にかえているので、逆にお金を減らして時間を取り戻しましょう。稼ぐために残業してたら、人生が削られてしまいます。

支出が減ったら、本当にやりたかった仕事もできるかもしれません。

お金の節約についてはこちらでまとめているのでぜひ。

save money

実際やってみた!簡単に「お金を節約する」3つの方法

2019年7月20日

まとめ

「24時間は平等」

それは仕方のないことですが、
意識して効率化をすればきっと人生は必ず豊かになると思うんです。

大切なのは変えられることに目をつむらないこと。

精神的な豊さを得ること。

小さな工夫だって一生でみれば大きな工夫になりますよね。

幸せになりましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です