人生を変える3つの方法|これだけやれば人生は変わる!?

こんにちわ、屋根裏に住むミニマリストです。

本記事では「人生を変える3つの方法」についてまとめました。

多くの人が提唱するところですが、人間の根本的なところにアプローチしたとても有効な方法論だと思います。

人生を変える方法①「環境を変える」

「人は環境の生き物」といわれます。どんなに努力しようが、「環境の影響を受ける」という事実からは逃げられません。

つまり、住む場所、仕事、部屋の環境などを変えることで、人生は大きく変わります。

ドラマで貧困の演出をするときには、「部屋にモノを増やす」というのは有名な話ですよね?それは「モノが雑然としている環境にいる=貧困」という一般的な認識があるからです。

ミニマリストが徹底的に物をへらすのも「環境を変えたい」という一言に尽きるでしょう。

「人生を変える」という目的を考えると、「環境を変える」ということが一番の近道なのは間違いありません。

人生を変える方法②「違うことをやる」

人はこれまでの経験から手堅いことをしがちです。
なぜなら人間は成功よりも失敗を恐れてしまう生き物だから。

そういった行動は「習慣」と呼ばれますが、一説によると、習慣は人間の行動の40%を占めるともいわれています。

つまり、人生を変えるには「いままでやったことのない、全く違うことをする」という起爆剤も必要ということです。

些細なことから初めてもいいと思うんです。1日30分、学んだことのない分野の勉強をしてみるとか。新しい趣味に挑戦してみるとか。

大切なのは小さくてもいいから始めてみることです。そのうちそれが新しい習慣となり、習慣が人生の方向を変えてくれるはずです。

人生を変える方法③「付き合う人を変える」

一緒に行動する人を変えるというのが3つ目の方法です。

環境を変えて、新たなことを始めても、周囲の人からうける刺激や情報は同じですよね。だから自分の周りにいる人も変える必要があります。

例えば、職場の上司は自分の未来の姿です。優しいけれども頼りない上司の下で働けば、それなりの自分になりますよね。一方、厳しいけれども優秀な上司のもとで働けば、自分もきっとそうなるでしょう。

「自分の能力は周りにいる人5人の平均になる」という話もありますが、それは間違いのない事実だと思います。

大きく人生を変えたいという目的を果たすには「自分をどこに置くのか」「どんな人と過ごすのか」という視点もとても大切だと思います。

まとめ

「人生を変えたい」

誰だってそんなふうに思うことはありますよね。

そんな時には、今回紹介した「3つの方法」を意識し、実行することによって、現状の自分から脱することができるかもしれません。

  • 環境を変える
  • 全く違うことをする
  • 付き合う人を変える

「現状に満足できていない」「変わりたい」そんな人の参考になればうれしいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です