エアコンの「ポコポコ音」の原因と解消する方法。

エアコンを使用していて「ポコポコ」という音が気なることはありませんか?多くの人は「これは故障だ」と勘違いしてしまいますが、自分で解決できるかもしれません。

エアコンのポコポコ音の原因と解消方法、予防対策をまとめてみましたので、ぜひ御覧ください。

エアコンのポコポコ音の原因

エアコン内部には常に水が溜まるようになっています。そのため、本体には「ドレンホース」と呼ばれるホースがあり、溜まった水を外に逃がすようになっています。ところが、この排水がうまくいかないことがあると、「ポコポコ」とか、「ポンポンポン」という音が出てしまうのです。

ドレンホースの詰まりと気圧差

まずはドレンホースの詰まりを確認しましょう。ホースが不自然に曲がっていたり、外側の末端が虫や落ち葉で詰まって水の流れが悪くなっていないか確認しましょう。

気密性の高いマンションは要注意

最も「ポコポコ音」に悩まされるのは、実は気密性の高い新しいマンションなんです。

気密性が高い部屋で換気扇をつけていると、部屋の中の気圧は低くなります。空気は気圧の高いところから低いところに向かいますから、外の空気がドレンホースを逆流して部屋の中に入ってくるわけです。一方、エアコン内に溜まった水は重力でホース内を流れおちていくため、ホース内では水と空気が逆流してしまうのです。

水で濡れたホースに息を吹き込むと音がでる経験はありませんか?まさに同じ原理で、ポコポコ音が現れるというわけです。

風の強い日にポコポコ音がすることがあるのも同じ原理で、排水中のドレンホース内を空気が逆流しているのです。

ポコポコ音の解消方法

ドレンホースのつまりを確認

ドレンホースが詰まっていれば汚れを清掃します。それで異音が収まれば「ホースの詰まり」が原因だったということです。

換気扇を止めてみる

続いて換気扇を止めてみます。同時に窓を開けて換気をします。多くの場合はこれで音が止まるはずです。

上記の2つ方法でも解消できない場合は内部の故障かもしれないので、サポートセンターに連絡しましょう。

もうポコポコ音を出さないために

換気をするなら空気の入り口も作る

気密性の高いマンションではポコポコ音は出やすいです。常に換気扇を使用している方は下記のような対応をしておきましょう。

外壁側の壁に24時間換気用の吸気口が取り付けられていると思います。(押すと開いたり閉じたりするものが多いです)この吸気口は常に開いておきましょう。定期的に換気をするというのも一つの方法です。これにより部屋の中と外の気圧変化が少なくなりポコポコ音の予防になります。

※購入前にはホースの径をしっかりと確認しましょう。

まとめ

結局のところエアコンの「ポコポコ音」というのは、ほとんどの場合、排水ホースのつまり、気圧のバランスが原因なのです。

エアコンは窓を閉め切って使用するものだけに、小さな異音でも気になってしまうもの。ですが、ちょっとした工夫と知恵で多くの場合解消することが可能です。まだまだ猛暑は続きますが、どうぞ快適なエアコンライフをお過ごしください。

エアコンのポコポコ音が気になった時にすること

  • ドレンホースをチェックする
  • 吸気口を開く
  • 換気扇をとめる
  • 窓を少し開けておく






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です