Googleアドセンスで「ads.txtの警告」がでた場合の対応方法。

ads.txt

Googleアドセンスads.txtの警告が出たので対応しました。

その流れをまとめたのでよろしければ参考にしてください。

ads.txtファイルの警告が出た

AdSenseの管理画面にこんな警告がでました。しばらく放置していたのですが、毎回でてくるので、問題を修正することにします。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ads.txtファイルとは?

ads.txtファイルというのは、ひとことで言ってしまうと「不正広告を防ぐための仕組みです。認定デジタル販売者の宣言

なのでサイトに設置してくださいね。ということですね。

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txtファイルの設置方法

やることはこちらです。

  1. ads.txt ファイルをダウンロードする。
  2. サイト運営者IDを確認する。
  3. ファイルの中の「pub-◯◯◯◯◯◯◯◯」の部分を、自分のサイト運営者IDに置き換える。
  4. サイトのルートドメイン直下にアップロードする。

つまり、テキストファイルをダウンロードして、書き換えて、サーバーに設置( https://example.com/ads.txt となるように)するだけです。

ads.txtファイルをダウンロードする

まずはAdSenseの管理画面から「ads.txt」 ファイルをダウンロードします。

サイト運営者IDの確認方法

サイト「運営者ID」の確認方法はこちらです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [アカウント] をクリックします。
  3. [アカウント情報] → [サイト運営者 ID] 欄を確認します。

ads.txtファイルを書きかえる

先ほどダウンロードした、「ads.txtファイル」を開くとこちら。「pub-◯◯◯・・」となっている部分を自分のサイト運営者IDに変えて、保存します。

※書式は必ずUTF-8にします。

ads.txtファイルをアップロードする

あとはFTPで、サイトのルートドメイン直下にアップロードしたら完了です。

ads.txtファイルは、24時間ほどでクロールされるそうですよ。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です