自然素材でクリーニングを!|重曹・セスキ・炭酸ソーダ・過酸化ナトリウムの使い方

画像:eco-le

お掃除によく使われる重曹(baking soda)。アルカリ性で汚れ落ちがよく、安全性の高い自然派素材として有名ですが、実際にはどうなのでしょう?

なぜ汚れが落ちるのか?「セスキ炭酸ソーダ」「過酸化ナトリウム」との違いなど、詳細をまとめてみたので、参考にしてください。

重曹とは?
炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、食塩水に二酸化炭素を加えることで精製されます。胃薬やふくらし粉、入浴剤などにも使われる、非常に安全性の高い物質になります。

重曹でなぜ汚れが落ちるのか?

汚れが石鹸になる

重曹はアルカリ性だから油汚れを落とします。どうしてかというとアルカリが汚れの脂肪酸と出会うと「石鹸」になるんです。
汚れ→石鹸となればもう汚れではありません。さらに石鹸化した汚れは他の汚れを分解するという2重の作用があります。

たんぱく質を分解する

アルカリはたんぱく質を分解します。正確にはたんぱく質を構成しているアミノ酸の結合を破壊します。破壊されたたんぱく質はもう衣服にしがみつくことはできません。ほんの少しの力で剥がされてしまうのです。人の垢はたんぱく質ですから、簡単に分解されてしまうわけです。

クレンザー効果

重曹は水に溶けにくいです。少量の水とともに使用することで粒子の一つ一つが汚れを剥がし、クレンザーのようになります。汚れを分解するだけでなく、物理的に剥がすことも得意なのです。

注意したいこと

重曹はアルミには使えません。アルカリとアルミが反応すると水酸化アルミニウムができますが、これは「アルミが腐食した」ことになるからです。(白く変色する)食洗器でアルミ製品が禁止なのは有名な話です。食洗器用の洗剤でアルミが腐食してしまうからです。

重曹よりも汚れが落ちるもの

重曹よりも汚れ落ちがよいものとしてセスキ炭酸ソーダ・炭酸ソーダというものがあります。どれもお掃除に使う物質としては有名で、様々なメーカーから商品化されています。

単純に「アルカリ度」の強さで並べると以下のとおり。セスキ炭酸ソーダなどは聞いたことがあるのでは?

重曹(pH8.2)<セスキ炭酸ソーダ(pH9.8)<炭酸ソーダ(pH11.2)

セスキ炭酸ソーダ

重曹以上に油汚れを分解します。一方で水に溶けやすいため、クレンザー的な「汚れを削る」用途では使えません。重曹・炭酸ソーダの母ともいえる物質で、元々セスキ炭酸ソーダが自然界に存在していて、「炭酸ソーダと重曹」を作り出したのです。

炭酸ソーダ

セスキより、さらにアルカリ性が強いため、汚れ落ちが良いです。一方で、アルカリ性が比較的強いので、手のたんぱく質すら溶かしてしまします。(素手で触るとヌルヌルするのは、角質が溶けているからです。)手袋をしっかりとはめてから作業しましょう。

まめ知識

上記の重曹・セスキ・炭酸ソーダがアルカリ系の汚れ落としになりますが、実は、重曹もセスキも高温の水で溶かすと「炭酸ソーダ」になるんです。つまり溶かして沸騰さえしてしまえば、重曹・セスキ・炭酸ソーダのどれを使用しても同じ効果が得られるのです。これも重曹が万能といわれる一つの特徴かもしれませんね。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)について

こちらも、掃除や洗濯において重曹などと一緒に語られることの多い物質です。「酸素系漂白剤」といえば分かりやすいでしょうか。

過炭酸ナトリウムとは?
炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)と過酸化水素を 2:3 の割合で混ぜて出来たものです。(pH10.5)アルカリ性の性質を持ち、汚れ落としだけでなく漂白の作用があります。

上記に挙げた重曹などと同じアルカリ性ですが、水に溶けると炭酸ソーダと過酸化水素が発生します。「炭酸ソーダ」は上記の説明のとおり汚れを落とし、「過酸化水素」はカビや雑菌の細胞膜を壊して死滅させます。そして酸化の過程で色素を脱色するので「酸素系漂白剤」と呼ばれるのです。

アルカリ製で、汚れを落とし、漂白まで可能な過炭酸ナトリウムは万能に思えるかもしれませんが、注意点もあります。

アルカリに弱い絹やウール、ステンレス以外の金属には使えないということ。そして自然素材の草木染めなども避けた方が無難でしょう。

以上の注意点さえ守れば非常に素晴らしい物質なので積極的に活用したいところです。

まとめ

以上、アルカリの代表的な洗剤である「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「炭酸ソーダ」の性質と、「過酸化ナトリウム」についての紹介でした。

これらの洗剤の素晴らしいところは、科学的に作られた変なにおいがなく、消臭効果まで優れていることです。

それぞれの性質を考えながら、積極的に活用したいですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です